トステムの室内引き戸の特徴をご紹介

お家を新築やリフォーム、リノベーションする際、
意外と部屋のドアの種類って工事を依頼しているハウスメーカーや工務店にお任せではありませんか?
最近は洋風のお家が多く、一般的にお部屋のドアは引き戸ではなく
オシャレな室内ドア(開き戸)を使用されている方が多いのではないでしょうか?
あまり人気のない引き戸ですが、メリットはたくさんあります。
ここではトステム(リクシル)ウッディーラインの室内引き戸のメリットや特徴等をご紹介していきます。

スポンサードリンク



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-8670855898508353"
data-ad-slot="4128772628"
data-ad-format="auto">


<引き戸にするメリット>
引き戸のメリットはまず、開口部が広く取れ、部屋に開放感が生まれます
引き戸の扉は開けっ放しにしておいても室内ドア(開き戸)の様に扉の開閉分のスペースがいらず邪魔にならないので、見た目もスッキリするし、狭い場所でもドアを設置できます
また、老若男女誰でも使いやすく、介護(バリアフリー)リフォームで室内ドア(開き戸)から引き戸へリフォームする方も増えています。
引き戸にリフォームすることで上記にも記述してある様に開口部が広く取れ、上吊方式の引き戸なら床がフラットになる為、つまづきも防げ、車イスでの移動が便利になり、介護をする人も介護がしやすくなります
また、室内ドア(開き戸)だったら置けなかった場所に家具や物が置けるようになってお部屋の空間が有効に使えます

<トステム(リクシル)ウッディーライン室内引き戸の種類>
トステム(リクシル)ウッディーラインの室内引き戸には3種類あり・・・

トステムウッディーライン室内引き戸3種類の画像

左から、オーソドックスなVレール方式、段差のない上吊方式、リフォームにおすすめのアウトセット方式があります。

◆カラーバリエーション

クリエホワイト詳細画像 クリエペール詳細画像 クリエラスク詳細画像 クリエモカ詳細画像 クリエダーク詳細画像
クリエホワイト
上質で繊細な木目を持つ人気のバーチ(カバ)材をナチュラルなホワイト系に仕上げました。
クリエペール
床や家具・楽器などにも使用されているメープル(楓)材の明るい色味を生かしたナチュラルペールカラーです。
クリエラスク
美しくきめ細やかなチェリー(桜)材の素材を生かしたブラウンカラーです。
クリエモカ
重厚感のある色調が特長のウォルナット(クルミ)材の独特な木の味を生かしながら洗練されたミディアムモカブラウンに仕上げています。
クリエダーク
重厚なウォルナット(クルミ)材を濃色のダークブラウンで仕上げた高級感の溢れるダークブランカラーです。

<トステム(リクシル)ウッディーライン室内引き戸の特徴>

1.調整できるモヘア
調整ができるモヘアの画像
モヘアとはドアの隙間を塞いで風等の浸入を防ぐ為の防風材です。
中縦枠に付いているモヘアは可動式で、簡単に調節できます。
※引き込み戸に付くモヘアには調整機構はありません。

2.反りに対応出来る2次元調整戸者/吊車
2次元調整戸車/吊車の説明画像
木質建具は湿度や温度の影響を受け易い為、反りが発生する場合があります。
その木特有の反りに対応出来る2次元調整戸車/吊車が付いており、本体木口から上下、前後2つの調整がドライバー1本で出来ます。

3.つかみやすいバーハンドル
つかみやすいバーハンドルの画像
ライフスタイルに合わせ、引手からバーハンドルへ変更が可能です。後付けバーハンドルは両側バーハンドルと片側バーハンドルの2種類があります。
バーハンドルの取付け説明画像

※バーハンドルの取り付けについて
引手を取外し、加工穴へバーハンドルを挟み込むだけの簡単取付けです。
・両側バーハンドルはバーハンドル取付用の引き残しを確保する為、引き戸本体にストッパー(本体取付け用)を取付ける仕様になります。(ストッパーは同梱)
・バーハンドルを取付けた場合、有効開口寸法は93mm小さくなります。
・バーハンドルは引き違い戸、引分け戸にも取付け可能ですが、バーハンドルが扉や枠に当たる場合は開閉に支障をきたしますので、片側バーハンドルをご使用ください。

4.使いやすい大型サムターン錠
使いやすい大型のサムターン錠の説明画像
小さいものをつまみにくいお子様やご高齢者の方でもつまみやすくした大型のサムターン錠。
ひと目でわかりやすく操作性にも優れており、誰でも使いやすい錠です。